なぜ為替は変動するのか

なぜ為替は変動するのか

外国為替取引の簡単な仕組みがわかったところで、そもそもの疑問を。
なぜ為替って変動するんでしょうか…??
まずはここから始めてみたいと思います。

為替が変動する要因は大きくわけて3つです。

●景気
●金融政策
●金利差

あまりピンと来ないかもしれませんし、これはあくまでも直接的な原因ではないんです。
この3つに付け加えて、大きな資金が動いた時に為替の変動が起こります。

簡単に説明すると、皆さんが同じ方向に注文を出せば、注文を出した方に相場が動くという仕組みです。
巨額な資金が動いた方に、相場が動くと言えばわかりやすいでしょうか??

上の「景気」でもう少し説明してみます。
「景気が良い、悪い」という会話を聞いたことがありませんか?
あれは、景気を判断する指数が発表されまているんです。
その指数が、みなさんが予想した指数より悪い値であれば、景気が悪いという証拠です。

もし景気が悪いのであれば、所持するよりも早めに通貨を売るべきだと思うのは自然な流れ。
そのアクションが起こり、皆さんがが一斉に通貨を売り始めたとします。
これが先ほど言った、大きな資金が動いた時、という例です。
その結果、相場が変動するわけです。

為替を予想することは、上記の3項目だけではありません。
正確には、そこに集まる人間の動きを予想することが必要になってきます。

copyright(C)外国為替投資スタイル